塩ソムリエ&食生活アドバイザー塩ソムリエ&食生活アドバイザー

商品ラインナップ
ギフト用から選ぶ
家庭用から選ぶ
お土産用から選ぶ
ネット限定から選ぶ
だし・つゆから選ぶ
商品検索

大庄屋の人気商品
幽玄
讃岐手打ち式パスタ
御意

お客様の声

メルマガ登録

携帯でショッピング

業務用・OEM商品

お問い合わせ先

讃岐うどんの大庄屋
香川県仲多度郡琴平町1223-9
TEL:0120-00-2656
営業時間:9:00~17:30

定休日のお知らせ
土・日・祝日
メールの返信、受注処理は翌日営業日以降になります。ご了承ください。

お客様の個人情報は、SSLで保護されています。

会社案内

ご挨拶

讃岐うどんの「おもてなし」創始は、こちら琴平にあると言われています。

金刀比羅宮の表書院に伝わる「紙本着色金刀比羅祭礼図」とよばれる絵屏風に当時の門前町風景が描かれています。
元禄の終わり頃、琴平に来た江戸の絵師・岩佐清信の作によるものです。
以降、古老の伝えるところによりますと、文化文政から明治時代とこんぴらさんの参道筋では大きな鉄釜を据え、うどんを参拝客に提供してきた歴史があるということです。

時は流れて、大庄屋は本当に質の高いうどんを創りたいと大きな夢をもち、ここ琴平にそのうどんが誕生しました。
私どものうどんは、熟成を何度も繰り返すなど、昔ながらの製法に徹底してこだわっています。

ひと昔前は、贈答・お土産めんは、そうめんの様な乾麺しかありませんでした。
昭和の時代、カップヌードルの出現は製麺業者の革命とまでいわれ、そんな時代の流れの中で、讃岐うどんも生きてきました。
保存が利く便利さは、乾麺に代表され、香川の製麺工場もたくさんできました。
しかし、讃岐うどんの出来立ての美味さとコシの強さを求めてやまない麺通たちは決して妥協を許してはくれません。

「本当の美味しい讃岐うどんを食べたい」「県産物の代表として、胸を張って贈れる上質なうどんを…」の声を頼りに、茹で上げの時間も茹で上がりも「手打ち本生」と変わらない風味と小麦本来のコシが楽しめる、半生うどんの製法を完成いたしました。
讃岐人の誇りをかけて、大量生産に流されない職人のこだわりがここに活きております。

この度、ご縁があり、大庄屋の想いとこだわりをこうしてお伝えできましたことを心より感謝申し上げます。

大庄屋株式会社 三代目

会社概要

社名

大庄屋株式会社

所在地

〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町1223-9

電話番号

0877-75-5980

FAX番号

0877-75-5476

メール

sanuki-udon@osyoya.com

URL

http://www.osyoya.com/

代表者

代表取締役社長 楠木 哲雄

資本金

12,000,000円

業務内容

・ 麺類の製造及び販売
・ 食堂の経営

加盟団体

・ 本場さぬきうどん協同組合
・ 香川県物産協会
・ 日本うどん学会

地図


大きな地図で見る

企業理念

受賞履歴

2014年6月

モンドセレクション2014 最高金賞(於:ボルドー)

2013年5月

モンドセレクション2013 最高金賞 (於:ストックホルム)

2012年6月

モンドセレクション2012 最高金賞 国際最高品質賞 (於:アテネ)

2011年5月

モンドセレクション2011 最高金賞 (於:ブリュッセル)

2010年5月

モンドセレクション2010 最高金賞 (於:フランクフルト)

2010年5月

iTQi2010 優秀味覚賞 (於:ブリュッセル)

2009年6月

モンドセレクション2009 最高金賞・国際最高品質賞 (於:ヴェネツィア)

2008年6月

モンドセレクション2008 最高金賞 (於:ウィーン)

2007年5月

モンドセレクション2007 最高金賞 (於:バルセロナ)

2005年11月

平成17年度さぬきうどん技能グランプリ 香川県農政水産部長賞

2005年11月

平成17年度さぬきうどん技能グランプリ 西日本放送賞

2005年4月

日本郵政公社総裁賞

2004年12月

平成16年度さぬきうどん技能グランプリ 農林水産省総合食料局長賞

2003年12月

平成15年度さぬきうどん技能グランプリ 農林水産省総合食料局長賞

2003年12月

平成15年度さぬきうどん技能グランプリ 農林水産部長賞

大庄屋の10の基本
送料サービス
選べる4つの支払方法
ギフト対応・のし無料
メッセージカート代行
返品OK
工場直送
ポイントプレゼント
ギフト対応
サイトも安心
オリジナルうどん相談

ページの先頭に戻る