塩ソムリエ&食生活アドバイザー塩ソムリエ&食生活アドバイザー

商品ラインナップ
ギフト用から選ぶ
家庭用から選ぶ
お土産用から選ぶ
ネット限定から選ぶ
だし・つゆから選ぶ
商品検索

大庄屋の人気商品
幽玄
讃岐手打ち式パスタ
御意

お客様の声

メルマガ登録

携帯でショッピング

業務用・OEM商品

お問い合わせ先

讃岐うどんの大庄屋
香川県仲多度郡琴平町1223-9
TEL:0120-00-2656
営業時間:9:00~17:30

定休日のお知らせ
土・日・祝日
メールの返信、受注処理は翌日営業日以降になります。ご了承ください。

お客様の個人情報は、SSLで保護されています。

メディア紹介情報

  • 幽玄プレミアム
  • 讃岐手打ち式パスタ厨房
  • 讃州中郡
  • 細くてもコシあり讃岐うどん
  • 工場見学
  • うどん道場
  • 大庄屋
  • その他

讃岐手打ち式パスタ

2011年8月 ゼクシィ


ゼクシィより

「渡すなら“わぁ”と嬉しいプチギフト100」
紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2011年7月 FM香川

「ことひら どれじゃーハンティング」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年11月 日経トレンディ


TRENDYより

「讃岐手打ち式パスタがベルギーで二ツ星に」
紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年8月 CREA


CREAより

「全国有名百貨店・デパ地下で厳選!地方土産カタログ」
紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

小麦粉の達人・讃岐うどんの職人が作ったパスタはモチモチとした歯ごたえが秀逸。和風、イタリアンなど、どのタイプのソースにもベストマッチ。

価格:525円(200g)
TEL:0877-75-5980

2010年7月 日経トレンディネット


日経トレンディネットより

「和洋の味の融合 手打ちうどんパスタが大人気」
紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

「手打ちうどんのノウハウを活かして、世界に通用する商品を」――。そんな思いから開発された「うどんパスタ」が、今話題を集めている。

正式な商品名は「讃岐手打ち式パスタ」。パスタでありながら、うどんらしい「コシ」と「モチモチ感」を備えていることが特徴だ。原料にはパスタ用のデュラム小麦と、うどん用の小麦をブレンドしたものを使用。生地はすべて手作業でこね、コシを出すために生地に塩を練りこむなど、旧来からのうどんの製法を踏襲している。

商品の開発、販売元は、讃岐うどん製造の大手である大庄屋(香川県琴平町)だ。「パスタ好きの若い女性から、うどん好きの年配の方にまで、幅広い年齢層に受け入れられる商品になりました」と、同社広報の山地英登さん。

実はこの商品、販売開始は2009年12月で、半年以上も前から取り扱われている。「知る人ぞ知る商品にしたかった」(山地さん)という販売戦略から、特に宣伝は行わず、発売当初の売り上げは1日2~3セット程度だったという。ヒットのきっかけは、今年5月に行われた「国際味覚審査機構」の審査で、優秀味覚賞を受賞したこと。「食品のミシュランガイド」と呼ばれる同機構での受賞は、日本のパスタでは初。このことが地元の新聞で報じられると、たちまち人気に火が付き、1日50セット、2カ月で3000セットを売り上げて、同社でもっとも売れているうどん「幽玄プレミアム」に迫る人気商品となった。

現在は、高松空港やデパート、お土産屋で取り扱われているほか、ネットショップでの販売も展開。「今回の受賞を機に、海外への販路拡大も視野にいれている」(山地さん)と、海外進出への意欲も十分だ。

日本の伝統を生かした同商品。お中元やお歳暮、あるいは一風変わった贈り物として、今後さらに人気を集めそうだ。

2010年7月 岡山放送「温★時間」

「夏を乗りきる!にんにくでスタミナUP」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年6月 山陽放送「イブニングDonDon」

「岡山・香川じまん大会」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年5月 四国新聞

「琴平の大庄屋開発 うどんパスタ二つ星受賞」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年5月 かがわ経済レポート

「讃岐手打ち式パスタが国際味覚審査機構の優秀味覚賞」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年5月 毎日新聞


毎日新聞より

「うどんパスタが二つ星 琴平町・大庄屋が開発」 
紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

香川県琴平町の讃岐うどん製造会社大庄屋が開発したうどんパスタ「讃岐手打ち式パスタ」が「食品のミシュランガイド」と呼ばれる「国際味覚審査機構」(iTQi、本部・ブリュッセル)の審査で、二つ星を獲得した。日本産パスタとして初めてという。

楠木哲雄社長が「国境を越えて愛される讃岐うどんを」と考え、昨年12月に売り出した。若い女性を中心に人気が出て、約2万食が売れたという。

うどんパスタはフィットチーネ(平めん)タイプ。小麦粉はパスタ用の「デュラム・セモリナ」に、香川県産うどん用小麦「さぬきの夢2000」と豪州産「ASW」をブレンドした。小麦の風味がより豊かになり、もちもちの食感が加わった。また、ローラーで生地を一方向に伸ばすパスタマシンと違い、うどんの製めん機では、生地を縦横に伸ばすため、グルテンが網目状になり、強いコシが生まれた。

iTQiは欧州の調理師協会のシェフらが審査を務め、味や風味などを評価。毎年80カ国以上、週百の企業が出品するという。うどんパスタは、先月あった審査で「特記に値する」という二つ星(総合評定80%以上90%未満)を与えられた。山地英登専務は「パスタとして評価されたのは、讃岐うどんの特徴が認められたから。世界中の人に食べてもらいたい」と話す。

1袋(2食分)525円。琴平産ニンニクで風味付けしたオリーブオイル「ガァリック娘」と4袋のセットで3150円。香川県内の百貨店か、同社ホームページから購入できる。

2010年5月 朝日新聞

「大庄屋が伝統的なうどん製法でパスタを発売」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年4月 西日本放送「every.」

「3海トピックス」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年4月 日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」

「オハナのおトリよせ」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ


日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」より

2010年4月 瀬戸内海放送「スーパーJチャンネル」

「週末味めぐり」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年3月 日経流通新聞MJ

「この一品 パスタに讃岐うどんの食感」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年3月 日経流通新聞MJ

「讃岐うどんの大庄屋 もちもちパスタを製造」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年3月 日本経済新聞

「パスタ製造に参入 讃岐うどんの技術を活用」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

2010年3月 四国新聞


四国新聞より

「讃岐手打ち式パスタ誕生」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

うどん製造販売の大庄屋(琴平町、楠木哲雄社長)は、讃岐うどんの原料と製法を生かした「讃岐手打ち式パスタ」を開発、商品化した。通常のパスタよりも麺そのものの風味や食感が際立つのは、「麺が主役」の讃岐ならでは。和洋の麺文化を融合させた一品の腕試しにと、国際味覚審査機構(ベルギー)に出品して優秀味覚賞の獲得を目指す。

同社によると、うどんの製法そのままで作るパスタの商品化は初めてという。 こだわったのは素材と製法。カナダ産のパスタ用小麦に、うどん用の県産小麦「さぬきの夢2000」と豪州産ASWをブレンドすることで、うどんに似たもちもち感を味わえる。製造工程は手打ちうどんと同じ。練り込んだ生地を踏んで延ばして、包丁で切る。形状はフィットチーネに仕上げた。

生めんタイプのため、ゆで時間の短縮に成功。「通常の生うどんで12~13分、乾麺のパスタなら7~8分」(同社)を要するところ、2~3分でゆで上がる。

麺自体が塩を含むため、パスタのように塩水でゆでる必要がない。卵を絡ませ、醤油、バター、黒こしょうで味付けすれば「フォークで食べる“釜玉”」の出来上がり。同社は「一般的にパスタはソースが主役だが、讃岐うどんのように、とことん麺を味わってほしい」としている。

讃岐手打ち式パスタは1袋(2人前)525円。4袋(8人前)と琴平町特産ガーリックオイル「ガァリック娘」とのセットで3150円。県内の百貨店や高松空港、同社のホームページなどで販売している。問い合わせは同社<0877-75-5980>。

2010年3月 モノ・マガジン

「全国の空港では、いまこんなおみやげが人気です!」 紹介内容:讃岐手打ち式パスタ

大庄屋の10の基本
送料サービス
選べる4つの支払方法
ギフト対応・のし無料
メッセージカート代行
返品OK
工場直送
ポイントプレゼント
ギフト対応
サイトも安心
オリジナルうどん相談

ページの先頭に戻る